投資の始め方

【分散投資】投資信託、ETFの選び方

まさお

どうも!まさおです!
今日は分散投資の方法について、
考えていこうと思います!

投資信託やETFにはめちゃくちゃ多くの種類もあるから、
自分にあった投資先を選ばなあかんで

まさお

その中でも様々な種類の投資信託があるので、
どうやって選ぶか?という点について、
初めの第一歩となる手助けになればうれしいです。

まず投資信託について説明をします。

投資信託とは多数の投資家から資金を集めて、
多くの企業へ分散投資し、利益を投資家へ配分する仕組みです。

その投資信託を販売する会社が証券会社です。
ファンドとは、投資信託の商品を指すことが一般的です。
特徴としては、、

  • 小口での投資が可能
  • 専門家が投資、運用する
  • 上場している商品がある(ETF)
  • 元本割れのリスクがある。

というものが挙げられます。

運用はプロに任せ、その利益による分配金を得ることを目的として投資をすることができます。例えば、高配当の銘柄に投資したい、と考えて投資先を選定することは、時間も労力も大きくかかります。
もちろんリスクがあるため、各銘柄を勉強する櫃夜がありますが、すべての上場銘柄を吟味することはできないので、プロが選定する銘柄に投資することは理にかなっていることだと考えることができます。

運用、銘柄選定をプロに任せることが投資信託

目的別に投資信託の選定方法について考えていきたいと思います。
投資信託は運用スタイルや投資先によって大別されます。

また、投資信託を購入する前に考えてほしいこともあります。

・ファンドがどのような投資先に投資しているのか、
・購入時のコストは高すぎないか。

この二点は個人的にも絶対に注目してほしいポイントです。

それでは、投資信託の選定方法について考えましょう

続いてETFですが、上場投資信託のことで、
英語表記でExchange-Traded Fundと書きます。
株式市場で個別株と同様に取引することができます。

投資信託と違う点は、市場で価格が決定する点です。
投資信託のように基準価格ではなく、リアルタイムで価格が変動するため、個別株之うような取り引きができます。

また、米国では日本の証券会社で取り扱いがない投資信託をETFを通じて購入することができる点は大きなメリットだと考えられます。

ETFは投資信託を株式市場で購入できる仕組み

投資信託を選択

投資スタイルを選択

投資信託を選択するにあたり、ファンドの投資スタイルを理解しましょう。
インデックスファンドを選ぶか、アクティブファンドを選ぶかということを考えてみましょう。

インデックスファンドとアクティブファンドの違いを表にまとめました。運用目的やコスト面で違いを見出すことができます。
インデックスファンドはファンド名や目論見書で明記されていることが多いので、必ずチェックするようにしましょう。

主な銘柄

銘柄にアクティブファンド、やインデックスファなどの記載があるファンドを紹介します。

・大和住銀DC海外株式アクティブファンド
・eMAXIS 日経225インデックス

このように銘柄に記載されているファンドはわかりやすいですね。
証券会社によってはインデックス型などをソートできますね。

上記のファンドは一例であり、
オススメではないのでご留意ください。

投資する地域を選択

投資する地域を選びましょう。
投資する対象としては、全世界、先進国、米国や日本などの各国と選択肢が多くあります。投資信託の特徴として各国の主要銘柄に分散投資できることはメリットの一つとして挙げられます。

世界の経済の中心であるアメリカや、対抗する中国、人口増加と経済拡大が見込まれるインドなどの新興国など、選択肢は多くあります。個人的にはまだまだ人口増加が見込まれていて且つ経済の中心であり続けているアメリカを推したいと感がています。

アメリカの主要な企業は全世界に支社を持っていることが多いため、米国企業への投資は分散投資につながるという考え方もあります。

主な銘柄

ここでは楽天証券NISA買付ランキングから紹介します。

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
・eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

上記の銘柄以外にも、
・楽天・全米株式インデックスファンド
などがネットなどではオススメ銘柄としてしょうかいされています。

楽天証券はポイント投資ができます。
さらに楽天カードで購入すればさらに購入金額の1%のポイントが付与されます。どう考えてもお得ですよね。

ETFを選択

ETFは株式市場で購入、投資することが可能です。
日本の株式市場でもETFはありますが、この記事では米国のETFを軸に進めます。海外ETFは日本では買えな投資先も多く米国市場での

代表的な米国ETF

米国の代表的なETFを紹介します。

  • SPY(S&P500連動型のインデックスETF)
  • VOO(S&P500連動型のインデックスETF)
  • VTI(米国株全体の指数連動型のインデックスETF)

上記のETFは基本的に経済指標に沿って連動します。
米国のしゅよな会社は構成銘柄に含まれているため、
銘柄の研究などをする必要がないため、
定期的に買い付けることで分散投資が可能となります。

テーマ別投資

インデックス投資は基本的にとても楽です。
しかし、経済の上昇、下降による影響が大きく投資対象としてはやや退屈な面も否めません。
生活や仕事で忙しい方には最高と投資方法であることは事実です。

一方、投資を始め、知識が増えて興味が出てきた分野に対して投資をしたいと思った際のおすすめはテーマ別投資です。

自身でテーマを決め、そのテーマに沿ったETFへ投資することでテーマ全体へ分散投資が可能です。ここでは幾つかのテーマを紹介します。

GAFAMへの投資

GAFAMとは皆さんの生活に欠かせない
Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftの5社です。

SPYやVOOにも同銘柄は入っていますが、構成比率は高くないので、たくさん。GAFAMを中心に投資できるETFがあります。

それはQQQ(Invesco QQQ Trust Series 1)というETFです。
SPYとGAFAMの構成比率を下記の表のとおり比較すると、QQQの方が全体に占める5社の割合が多いことがわかります。
現在、QQQにはテスラも4.24%含まれているので上位5社がGAFAMではなくなりました。

bloomberg.co.jpより引用

クリーンエネルギーへの投資

バイデン大統領の当選が確実な状況もあり、とても注目されている分野です。世界的にもクリーンエネルギーへの期待は高まっており、テスラやニオなどによる電気自動車や、蓄電技術の控除による太陽光発電への期待も高まっています。
今後、かなり期待される分野だと思いますし、テスラなどは2020年かなり株価を上げ、期待されている銘柄です。

  • QCLN
    →上位銘柄:テスラ、エンフェーズエナジー、ニオなど
  • ICLN 
    →上位銘柄:プラグパワー、エンフェーズエナジー

クリーンエネルギー系のETFで注目されているのが上記3社です。
QCLNではテスラなどの躍進もあり本年はパフォーマンスが高かったですね。

高配当ETFへの投資

高配当銘柄で構成されたETFへの投資です。
高配当の個別銘柄ではなく、多くの銘柄へ分散投資することで減配リスクなどへの対策となります。また、個別の財務分析の手間は大きく難しい元となるため、ETFへの投資がオススメです。


主な銘柄を比較します。

SPYDが一番配当率がいいですが、今年は減配したこともあり、世間をにぎわせました。基本的に価格の安定感がないことがデメリットとして挙げられます。

今年はコロナショックによる急落があったため一概には言えませんが、HDVは価格の戻りも早く比較的安定しているといえそうですね。

おわりに

まさお

今日は分散投資の方法について考えました。

まさお

それぞれの銘柄をオススメするものではないのでご了承ください!
投資は自己責任ですが、しっかり準備して取り組めば大損する可能性はどんどん低くなると思います。

みんなでよりよい資産形成をしよな!
行動が10年後を変えると信じるんや!

まさお

ではまた!!

ABOUT ME
まさお
まさお
30代男性。 マネーリテラシーの欠如で100万以上の借金がありましたが、今は完済し投資をしながら資産形成中です。 同じようにお金で困らないような人を1人でも増やせたらと思いブログ開設しました!自分の知っていることは共有します! マネーリテラシーについて勉強し、一緒に経済的自由を達成しましょう!