投資の始め方

【投資のはじめかた】つみたてNISAを始めよう

 

まさお

どうも!まさおです!!
今日は投資を始めようとしている方に
つみたてを紹介したいと思います!

つみたてNISAの概要と、制度の仕組みついて
簡単に紹介するで!

まさお

投資を始めるにあたってこの制度使わない手はないと思います!ぜひご参考ください!

何故投資をした方が良いのか

日本人は資産のほとんどを銀行預金だけで運用しているケースが殆どです。日本銀行が発表した資金循環統計によると、家計の金融資産の54.4%が銀行預金(現金を含む)が占めています。
金額は1034兆円と過去最高を更新し、コロナウイルスによってさらに増加傾向にある。

銀行預金は安心、安全という考え方が一般的です。
そこで改めて投資のメリットについて考えていきたいと思います。

株式投資のメリット
  • 複利効果が高い。
  • インフレリスクに強い

複利効果について

株式投資の最大のメリットは複利効果の効果を大きくできる点にあります。下の表のように単利と複利を比較した場合、5年間で10万円以上も差が開くことがわかります。

次は元本100万円を銀行複利と株式投資の一般的なリターンである5%で運用した場合を比較します。
複利の計算は下記の式で求めることができます。

複利計算式=元本×(1+年利率)^年数

銀行金利が0.002%として、20年運用すると1,000,400円となります。
一方、株式2,653,297円と大きく差が出る可能性があります。

インフレリスク

株式投資はインフレに強く、デフレに強いという特徴があります。

インフレになると物価が高騰し、反対に貨幣価値が下がります。

インフレになると全体的な単価が上がるので企業の売り上げや利益も上がります。株価は利益と大きく関係がありますので、インフレになると株価も上がりやすくなります。

一方、貯金のみですとインフレ時に貨幣価値は下がってしまいます。
下の表のように2%のインフレが進むと物価と試算は30年後に逆転する可能性があります。

つみたてNISAについて

 

まさお

つみたてNISAって何だろう?
という方に説明するよ!!

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
日本に居住している20歳以上の人ならば、1人1口座持つことができる金融庁が支援している制度です。

投資の基本である長期・積立・分散ができる銘柄を金融庁が選んでいるため、怪しい商品は基本的にないと考えてよいと思います。

この制度を利用して、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能です。そして、投資信託から得る分配金及び、売却利益は非課税であり購入後20年間は課税されません。(最大800万円)

現在、つみたてNISAは2037年までの制度とされていますので、投資信託の購入を行うことができるのは2037年までです。
2037年中に購入した投資信託についても20年間(2056年まで)非課税で保有することができます。

つみたてNISAの非課税イメージ図
金融庁ホームページより
  • 少額から始めることができる
  • 毎年40万円×20年(最大800万円)の投資可能
  • 投資利益や分配金は非課税
  • 金融庁が選んだ商品

早く始めれば始めるほど非課税投資枠は広がるで。

まさお

投資にはリスクがつきものだからよく考えて投資してほしいけど、この制度は早く使った方がよさそうだね!

つみたてNISAのはじめかた

まさお

つみたてNISAのはじめかたについて解説するよ!

おすすめの商品も紹介するで。

口座開設について

口座開設はネット証券会社がオススメ!

ネット証券会社には下記の3社が有名です。
・SBI証券
・楽天証券
・マネックス証券
口座の開設方法は下記のとおりです

SBI証券HPより


SBIの口座開設方法ですが、基本的に上記3社は同じような流れです。
基本的にネット上で開設できるのがネット証券の利点です。
また、ネット証券は信託報酬や管理コストなどの手数料が安い商品が多いことも魅力です。

商品の選び方

商品の選び方について紹介します。

投資信託を選ぶ際に意識してほしいことは、手数料の安さどの地域の経済に投資するか商品(ファンド)の投資スタイルの3点です。

  • 手数料の安さ・・・1%未満のものを選ぶ。
  • どの地域・・・世界、アメリカ?日本?など
  • 投資スタイル・・・インデックス投資(株式指数に連動)

上記の点は下のブログでも解説しているので参考ください。

【分散投資】投資信託、ETFの選び方分散投資の選び方を解説しています。 初めて投資を始める方向けに、投資の基本の一つである分散投資を軸に投資信託や銘柄の選び方を解説しています。...

オススメ投資信託

①SBI・全世界株式インデックス・ファンド
→コスト:資産の0.11%程度
→全世界の株式に投資
→世界の株式指数に連動 

②楽天・全世界株式インデックス・ファンド(
→コスト:資産の0.21%程度
→全米の株式に分散投資
→アメリカの株式指数に連動

同商品はネット証券で購入可能です。

 

おわりに

 

まさお

これでつみたてNISAについての解説を終わります

結構簡単ってことがわかったと思うで

まさお

少額から始められるので、貯金感覚でやるとよいと思います。

ただし、株式投資は元本割れのリスクもあるから
一瞬でも、1円の含み損も許せない人はやめたほうがいいかもな。

まさお

自分のリスク許容度をしっかり見極めましょう

それではよりよい資産形成を祈って!

ではまた!!!

 

ABOUT ME
まさお
まさお
30代男性。 マネーリテラシーの欠如で100万以上の借金がありましたが、今は完済し投資をしながら資産形成中です。 同じようにお金で困らないような人を1人でも増やせたらと思いブログ開設しました!自分の知っていることは共有します! マネーリテラシーについて勉強し、一緒に経済的自由を達成しましょう!